六本木のバイト

皆さんは六本木と聞くとどのようなイメージを持たれるでしょうか?

六本木ヒルズや泉ガーデンといった大きな建物があるため、豪華で賑わいを見せている街といった印象をお持ちの方も多い事でしょう。

確かに六本木はそんなイメージを裏切らない程、昼夜問わず多くの人で賑わいを見せる街となっています。

特に現在の六本木は繁華街といったイメージが強くありますが、そんな六本木が誕生した歴史を少し辿ってみましょう。

まず六本木の地名についてですが、地名の由来となった説はいくつか存在しています。

その中でも特に有力だと言われているのが「六本の松の木があった説」と「有名な大名が6人住んでいた説」です。

つまり六本木という地名は少なくとも大名が存在した時代からあったという事が言えますね。

また六本木は20世紀に入ると太平洋戦争の関係で大使館が近くに建つようになりました。

その名残として、今でも多くの大使館が六本木には存在します。

だからこそ外国人の割合も多いですし、外国人向けのパブや商店が立ち並ぶようになったわけですね。

繁華街として今ある六本木が誕生したのは、こうした理由からなのです。